彩度(鮮やかさ)
こんにちは
イメージコンサルタントのdearnestです。

先日、喫茶店で雑誌を読んでいたら驚きの表現に遭遇いたしました。
主婦向けの雑誌で、ファッションに関するコーナーで、パーソナルカラーという単語も使われていました。
カラーに関する専門家が監修していると書かれていました。

なのに、その中に『赤色は鮮やかなので…』って!!!

以前から、このブログを読んでいる方なら、私の驚きを即座にご理解いただけると思います。
『赤色』と一口に言っても、鮮やかな赤色もあれば、鮮やかではない赤色もあります。
それを色彩学では《彩度》という尺度を用いて表現します。

もちろんネット上には彩度に関する解説がありますが、多種多様な表現が用いられています。
なぜなら、色を言葉で表現するのは難しいからであり、色の表示は端末によって違いが出るからです。

私が彩度を言葉でお伝えするとしたら、
彩度が低い=鮮やかではない=くすんでいる
という感じです。

くすんだ色と言われると、顔色までくすんでしまう様な印象を受けかねません。
もちろん、パーソナルカラーが春や冬の方がくすんだ色を身に着けると、お顔までくすんでしまいます。

しかし、パーソナルカラーが秋の方は、イエローベースで彩度が低く明度も低い色が似合います。
イエローベースのくすんだ濃い色を身に着けることによって、お顔がパッと明るくなり、若々しく見えるのです。
あるいは、パーソナルカラーが夏の方は、ブルーベースで彩度が低く明度は高い色が似合います。
ブルーベースのくすんだ薄い色を身に着けることによって、多少のシミやシワなら気にならなくなるのです。

パーソナルカラー診断後、彩度の違いについてご説明しておりますし、代表的な色見本もお渡ししております。
それでも不安になったら、たとえ何年後であっても、ご相談ください。
何度でも、ベースカラー、彩度、明度について説明いたします。
また、買い物同行(ファッションアドバイス)として実際にお店に行くことで、似合う色を判別する練習(訓練?)も出来ます。

そうして、ご自身のパーソナルカラーへの理解を深める事が、より素敵なあなたになれる近道なのです。
関連記事
スポンサーサイト

*********************

イメージコンサルティング料金:女性35,000円/男性30,000円
(代表的な40色を収めた色見本手帳代を含みます)

ご意見・ご質問・ご感想など、何でも遠慮なくお寄せください。

お待ちしています。

http://dearnest.blog.fc2.com/
*********************

テーマ:ファッション・コーディネート - ジャンル:ファッション・ブランド

[2018/03/31 08:30] | パーソナルカラー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ロット | ホーム | インターネットに繋がらなくても>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dearnest.blog.fc2.com/tb.php/196-de927d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |