FC2ブログ
10年後の肌
こんにちは
イメージコンサルタントのdearnestです。

最近の高校生は、ほとんどお化粧をしていると聞きますが本当でしょうか。
もしそうだとしたら、彼女たちの未来は恐ろしいです。

私自身、高校生ぐらいから日焼け止めは塗っていましたが、
ファンデーションが必要になるのは20歳ぐらいと思いますがいかがでしょうか?

前回のブログで、1日の肌への負担を指数で表現してみました。
16歳から20歳まではファンデーション無し(負担指数4.2)で過ごし、
その後はファンデーションを塗る生活(ただし負担指数5.2)をした30歳のAさんがいたとします。
(負担指数4.2×365日×4年+負担指数5.2×365日×10年=25,112)

これは、16歳からあまり考えないでファンデーションをし続けたBさんの25歳よりも、肌への負担は少ないです。
(負担指数8×365日×9年=26,280)

つまり、もしAさんとBさんが同級生で30歳の時に会ったら、
Aさんの肌はBさんの25歳ころの肌よりも、みずみずしく、シミやしわがありません。

しかも肌への負担を気にするAさんが、
20歳過ぎても肌を休める日(つまりファンデーションを使わない日)を作る可能性は高いです。
そうすると、さらに年単位で差が生じます。

もしかしたら、Aさんの肌を見たBさんは30歳から、さらにシミやしわを隠そうとして、
いろいろな化粧品を使い、そのたびに肌をこすってしまうかもしれません。
日々の負担指数は8どころではないかもしれません。

これは10年後のあなた自身かもしれません。
せめて負担指数5.2の生活をすれば、負担指数8の生活に比べ、10年で2.8年分の差が出ます。
パーソナルカラーの口紅を付ければ10歳若返ると案内しておりますが、
この約3年分の差も見逃せませんね。

あなたの未来は、どちらですか?
関連記事
スポンサーサイト

*********************

イメージコンサルティング料金:女性35,000円/男性30,000円
(代表的な40色を収めた色見本手帳代を含みます)

ご意見・ご質問・ご感想など、何でも遠慮なくお寄せください。

お待ちしています。

http://dearnest.blog.fc2.com/
*********************

テーマ:スキンケア&コスメ - ジャンル:ファッション・ブランド

[2017/10/25 11:33] | パーソナルメイク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<洗顔の泡(動画付き) | ホーム | お手入れが差を生む>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dearnest.blog.fc2.com/tb.php/191-b36b4f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |