FC2ブログ
鈴鹿サーキットファミリーキャンプ 準備編①
こんにちは
イメージコンサルタントのdearnestです。

鈴鹿サーキットファミリーキャンプの予約を終えてから、ぼちぼち準備を始めました。

自分が子供のころ、親に連れられて何度かキャンプした事はあります。
でも、大人になってからは・・・ですし、イマドキのキャンプ用品にはとても疎いです。
そこで、友達にリサーチ。

女の子2人がいる友達なのですが、キャンプ大好き家族というか、
”新しいグッズを購入した際、庭にテントを張って一晩過ごしてみる”
という逸話を持つご主人をお持ちの方です。

GWという時期と、鈴鹿という土地柄で、夜の服装を相談したところ、
子どもはジャージ程度で問題無いと思うけど、大人はウインドブレーカーが必要というご回答。
車で行くのですから、多少、荷物が増えても良いので人数分のウインドブレーカー(上下)を準備しました。

それとは別に、テントの中の敷物を確認したほうが良いというアドバイス。
いろいろ検討した結果、今回だけでなく非常用品として活用できると見込んで、
この↓マットを4人分購入しました。
http://amzn.asia/b5iu55J

実際、この2日間はそこまで暑くなく、昼間は長袖Tシャツで朝晩は薄手の上着を羽織ってました。
ですから、夜にクアガーデンやトイレへ往復する時はウインドブレーカーが役立ちましたし、
寝るときも下だけはウインドブレーカーを履いていました。

一応テントの中には、こたつの敷物のようなマットがあったのですが、
もし、このマットが無かったら底冷えしたと思います。
持ち運びも小さく、クッション性という点でも、満足の品です。

鈴鹿サーキットのHPを熟読したところ、ゴミも炭も捨てて帰れることが判明。
いつもはBBQセットに炭を入れたまま帰宅して家で洗うのですが、
今回はBBQセットを箱に入れて車に積みたかったので、炭ツボを買うか悩んで捨てて帰ることにしました。

BBQ用に切ってある野菜を買えば包丁もまな板も不要なので、調理器具は菜箸とトングだけ。
その代り、普段買い物で活用している大き目のクーラーボックスを準備しました。
冬の間に鍋焼きうどんのアルミ容器を洗って貯め、皿としても調理器具としても使い捨てすることに。
アルミ鍋
洗い場があるので、そこを使っても良いのですが、そうすると、洗ったものを干すカゴとか考えるのも大変になってきて、
割りばし、ラップ、キッチンペーパー、アルミ箔など、洗剤やスポンジを使わない方法を考えて準備しました。

長くなってきたので、準備編②へ続きます。
関連記事
スポンサーサイト

*********************

イメージコンサルティング料金:女性35,000円/男性30,000円
(代表的な40色を収めた色見本手帳代を含みます)

ご意見・ご質問・ご感想など、何でも遠慮なくお寄せください。

お待ちしています。

http://dearnest.blog.fc2.com/
*********************

テーマ:こどもとお出かけ〜♪ - ジャンル:育児

[2017/07/06 10:00] | 雑学その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<緊急告知!今年も『まちゼミ』やります | ホーム | 鈴鹿サーキットファミリーキャンプ 予約編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dearnest.blog.fc2.com/tb.php/184-d992999a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |