医療費控除とは
こんにちは
イメージコンサルタントのdearnestです。

前回、医療費控除に関するネタでしたが、ところで医療費控除って何でしょうか?

時々『医療費が戻ってくる!』という表記を見かけますが、これは誤りです。
実際は『年間に医療費を多く払った方は”所得税”を軽減します』というものです。

総所得が200万円を下回る家庭は少ないでしょうから、
一般的には、家族全員の支払った医療費が10万円を超えた場合と考えれば良いです。
10万円も?!と思われるかもしれませんが、薬局で市販薬は購入されませんか?

予防接種は治療目的ではないので加算できないなどの細かい条件もありますが、
子どもを緊急で病院へ連れて行った場合のタクシー代が認められる可能性もあります。
あるいは、けがの治療のための絆創膏やガーゼもOKです。
美容目的ではNGですが、病気の治療目的であればビタミン剤や漢方薬もOKです。

簡単な見分け方としては”第○類医薬品”と記載があるものは基本OKです。
我が家の場合、風邪薬・鎮痛剤・胃腸薬・鼻炎薬・目薬・皮膚薬・湿布・・・
風邪をひいた時期に使用した、のどの殺菌を目的とするスプレーやうがい薬もOKです。
子どもが特に夏に使う蚊に刺された後に貼るパッチも治療目的の医薬品です。
特に男性は、病院へ行かずに市販薬で何とかしようとする傾向があると聞きますが、お宅はいかがですか?

10万円÷12か月=約8,333円
虫歯で歯医者に通ったら、あっという間に達する金額ですよね。
1月から12月の支払い分を合計するので、どうせ医者に通い始めるなら年末より、この時期からがお得かもです。

毎月これらのレシートをコツコツためておくだけで、節税=節約になるかもしれませんよ!
関連記事
スポンサーサイト

*********************

イメージコンサルティング料金:女性35,000円/男性30,000円
(代表的な40色を収めた色見本手帳代を含みます)

ご意見・ご質問・ご感想など、何でも遠慮なくお寄せください。

お待ちしています。

http://dearnest.blog.fc2.com/
*********************

テーマ:ママのお役立ち情報 - ジャンル:育児

[2015/02/15 10:00] | 雑学その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<家電の色 | ホーム | 歯列矯正は何歳まで?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dearnest.blog.fc2.com/tb.php/143-46b3ef5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |